節電対策に対応

コーヒー

会社の中に自動販売機を設置することも可能です。大企業など大きな会社の場合、多くの人が働いています。以前はコーヒーなど各部署ごとにコーヒーメーカーで作ること多くありましたが、最近では経費削減のためあまり見かけなくなりました。その代わり自動販売機を設置して、飲みたい人は自由に購入するスタイルが多くなりました。会社内に設置されているので外部まで買いに行く手間も省け、大変便利です。自動販売機は業者を通して設置することが出来るので、知識の殆ど無い方でもいますぐ取り組める手軽さも、魅力の一つと考えて良いでしょう。自動販売機を設置する際に必要不可欠なのが、電力です。自動販売機が活動する際の電力は契約者が負担することになるため、電力消費が高ければ高くなるほど、相対的に得られる利益は低くなります。そのため、どういった工夫を凝らすことで自動販売機の電力消費を抑えることが出来るのか、把握しておくとよいでしょう。

自動販売機の電力消費を抑えるには、設置する自動販売機自体の性能が大きく関係してきます。具体的に説明するなら、設置する自動販売機の年式が若ければ若いほど消費電力も低く抑えることが出来るのです。その理由は、やはり年々向上している技術力と、災害が関係しているでしょう。2011年から2013年あたりにかけて、日本中が節電を余儀なくされました。日本全体の原子力発電所が活動をストップさせたことで、日本全体に供給出来る電力が大幅に少なくなったのです。この電力不足の余波を受けたのは、自動販売機業界も同様です。常に冷房を使用して稼働し続ける自動販売機は、どうしても過剰に電力を使いすぎてしまうのです。そこで開発されたのが、冷房の稼働時間を一定周期に設定し、稼働停止時間には予熱で冷やすタイプのものです。こちらなら消費電力をかなりセーブすることが出来るので、設置の際使用する電気料金を大幅に削減することが出来ます。環境にとっても契約者にとっても、一石二鳥となるタイプなのです。

オフィスで飲むもの

缶ジュース

オフィスコーヒーのサービスが受け入れられていることを受け、お茶などの新しい飲み物のサービスも模索されるようになっています。美味しい飲み物が、オフィスの活力をアップさせているのです。

詳細を確認する...

いつでも飲み物を買える

自動販売機

自動販売機をオフィスに設置すると、喉が渇いた時にすぐに飲み物を飲むことが出来ます。人が多く集まる場所に設置することによって多くの人が利用します。設置をするときは自動販売機を購入します。

詳細を確認する...

ほとんど費用はかからない

女性

自動販売機を設置する際にかかる費用は、運営する業者が負担してくれるケースも少なくありません。基本的には電気料金しか掛からない場合も多いので、初期費用が殆ど不要な点も魅力といえるでしょう。

詳細を確認する...