オフィスで飲むもの

コーヒー以外の飲料の品質向上へ

缶ジュース

会社から社員に提供される福利厚生の一環としてオフィスコーヒーの提供が行われています。オフィスコーヒー用のコーヒーメーカーも性能が向上してきており、一杯ずつ入れたてのコーヒーを提供できるほどになっています。コーヒー自体の種類もバリエーションが増す傾向があり、これからも様々なニーズに応えるように品質の向上が見られていくでしょう。 一方で、オフィスコーヒーと並んで緑茶や紅茶のサービスも行われているものの、コーヒーに比べるとその品質向上に向けた取り組みが遅れていることは否めません。近年になってティーサーバーも広まってきたものの、今後はコーヒー以外の飲み物についても品質の向上が目指されていくことになるでしょう。

士気を上げるためのオフィスコーヒー

福利厚生として提供されるオフィスコーヒーがその品質を高めているのは、嗜好品と言う性質上、社員をより満足させることによって士気を高めるという目的があります。会社としてそこに費用がかけられているということは、それを享受することによって会社としての業績をあげなければならないという使命感を多かれ少なかれ受けなければならないということになります。こういったフィードバックが想定されてオフィスコーヒーが提供されているということは念頭においておかなければならないでしょう。 考え方を変えれば、自分たちが仕事をしやすいように提供されているものであり、改善の余地があるならば進言することも大切です。福利厚生だからこそ社員の意思が尊重されるべきものなのです。